メニュー

帯状疱疹

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性によっておこるウイルス感染症です。はじめて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したときは、水痘として発症します。水痘が治ったあとも、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます。加齢やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。はじめは左右どちらか片側に痛みや知覚異常を自覚し、その後神経節に沿って紅斑や水疱を認めます。60歳代を中心に50歳代〜70歳代に多くみられる病気ですが、過労やストレスが引き金となり若い人に発症することも珍しくありません。通常は生涯に1 度しか発症せず、免疫が低下している患者さんを除くと再発することはまれです。帯状疱疹の治療は内服・外用です。また帯状疱疹が治癒したあとも痛みが続く帯状疱疹後神経痛で困る患者さんも少なくありませんので痛みの程度を伺いながら内服薬の調整を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME