メニュー

陥入爪

陥入爪(かんにゅうそう)は、いわゆる巻き爪のことで、爪が内側に巻いてしまう状態のことです。爪の横の部分が皮膚に食い込んでしまうことで、足の趾に炎症を起こしたり、化膿したり、肉芽(にくげ)を作ってしまうことで痛みをきたすことがあるため治療が必要です。

治療法は様々で、保険でできる治療には軟膏外用、テーピング法や、爪の一部を切除する手術もあります。

また、当院では爪の形を矯正するワイヤー法も積極的に行っております。(自費治療となり、1つの爪につき税込4400円~11000円で症状によって変動します。)ワイヤー法は爪の変形を矯正する方法で、局所麻酔をして爪の一部を切り取る陥入爪手術より患者さんの負担が少ないです。一方でデメリットとしては、まれではありますが、一旦治療してもワイヤーが外れてしまうこともあり、その場合は再度治療が必要です。

症状に合わせて様々な治療法を提案させて頂きます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME